育ってきた環境のせいにしてしまうこともあるよね。

この記事は2分で読めます

つかちょんです。

先日、たまたま立ち読みした本に

「毒親育ちです」

「親からこんな行動の制限をされていました」

など、体験談が掲載されていました。

 

でも、「なんかおかしい・・・」

「このままではいけない・・・」

そう気付いてから、親との距離を見直すことになったといったものでした。

 

物心ついた頃からの習慣、考え方のクセとかは

親や育ってきた環境が影響しているものが多いです。

 

それは、親のコピーになっていることもあれば

反面教師にして真逆であろうとすることも含みます。

 

どちらがいいとか悪いとかでもなく

また、親が全部悪いとかでもありません^^

 

親のことを心の中でダメだししてしまうこともありますよね。

 

どんな気持ちになっていてもいいのです。

 

ただ、大切なことがある。

それは、「なんかおかしい・・・」と気付いていても

「でも、こんなもんだ、仕方ない」ことを選ぶのか

「変わっていこう」と行動を起こすのか

それは、あなた次第であるということです。

 

変わりたいと願いながらも変われないでいる人が多いのですが

それは、人間の本能とも言えることでしょう。

変化はコワイって思うのが自然なことなので。

 

どちらを選んでもいいのです。

ただ、もし今の状況が苦しくつらいのであれば

これからもずっと続くのは苦しくありませんか?

 

もしかしたら、周りが変われば、環境が変われば

変わっていけると思っていませんか?

 

仮にそうだとして、そのトキを待ち続けますか?

 

あなたは、今まで待っていたのかもしれません。

 

かつてわたしがそうであった頃のように。

親のせいにしていたあの頃のように。

親が変われば、いなくなれば、もっと違っていたかもしれないのにと。

 

「毒親」という言葉は、わたしはあまり好きではありません。

痛い思いをしたし、家庭に居場所を感じることもできなかったけれど

その頃のことを引きずり、弱い子であり続けることのほうが

もっと苦しかったから。

もう、親のせいにする生き方からは卒業したかったから。

 

過去は過去であり、今ではありません。

 

今を生きていくために必要な過去は

「かわいそうな過去」ではないと思うのです。

 

「毒親育ち」であろうとそんなことは

「これからのあなた」には感じさせないくらい

イキイキとした人生を手にしてみませんか?

 

詳しくはこちら

 

 

友だち追加

  • 2018 06.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事