おはなしサロン

おとうさん・おかあさんと上手にさよならする方法~過去に悲しい思いをしたあなたへ~生きづらさを手放し、あなたらしく歩いていこう。

つぶやき。 想い(ことば)

育ってきた環境のせいにしてしまうこともあるよね。

投稿日:2018-06-02 更新日:

つかちょんです。

先日、たまたま立ち読みした本に

「毒親育ちです」

「親からこんな行動の制限をされていました」

など、体験談が掲載されていました。

 

でも、「なんかおかしい・・・」

「このままではいけない・・・」

そう気付いてから、親との距離を見直すことになったといったものでした。

 

物心ついた頃からの習慣、考え方のクセとかは

親や育ってきた環境が影響しているものが多いです。

 

それは、親のコピーになっていることもあれば

反面教師にして真逆であろうとすることも含みます。

 

どちらがいいとか悪いとかでもなく

また、親が全部悪いとかでもありません^^

 

親のことを心の中でダメだししてしまうこともありますよね。

 

どんな気持ちになっていてもいいのです。

 

ただ、大切なことがある。

それは、「なんかおかしい・・・」と気付いていても

「でも、こんなもんだ、仕方ない」ことを選ぶのか

「変わっていこう」と行動を起こすのか

それは、あなた次第であるということです。

 

変わりたいと願いながらも変われないでいる人が多いのですが

それは、人間の本能とも言えることでしょう。

変化はコワイって思うのが自然なことなので。

 

どちらを選んでもいいのです。

ただ、もし今の状況が苦しくつらいのであれば

これからもずっと続くのは苦しくありませんか?

 

もしかしたら、周りが変われば、環境が変われば

変わっていけると思っていませんか?

 

仮にそうだとして、そのトキを待ち続けますか?

 

あなたは、今まで待っていたのかもしれません。

 

かつてわたしがそうであった頃のように。

親のせいにしていたあの頃のように。

親が変われば、いなくなれば、もっと違っていたかもしれないのにと。

 

「毒親」という言葉は、わたしはあまり好きではありません。

痛い思いをしたし、家庭に居場所を感じることもできなかったけれど

その頃のことを引きずり、弱い子であり続けることのほうが

もっと苦しかったから。

もう、親のせいにする生き方からは卒業したかったから。

 

過去は過去であり、今ではありません。

 

今を生きていくために必要な過去は

「かわいそうな過去」ではないと思うのです。

 

「毒親育ち」であろうとそんなことは

「これからのあなた」には感じさせないくらい

イキイキとした人生を手にしてみませんか?

 

詳しくはこちら

 

 

友だち追加

-つぶやき。, 想い(ことば)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

音楽のチカラを借りる

つかちょんこと、岩宮つかさです。   わたしは、決して一般的な家庭環境とは言えない状況で過ごしてきました。 戸籍謄本を取り寄せたら、なんかすごいことになってたのを記憶しています(笑) なにか …

no image

正しさではなく、大切にしたいこと。

プロセスと結果、どっちが大切か。 正解はない。あとは状況にもよる。 けれど、わたしはプロセスを大切にしたい。 小さな一歩でも、勇気を振り絞った一歩。 分からないからと投げ出したのではなく 手探りで、進 …

no image

頼っていい、甘えていい!

つかちょんこと、岩宮つかさです。 えっと・・・のろけを書くつもりではないですが 夫のこと、書きます。 第一子が産まれたとき 自分で思ってた以上に、すごく身体にダメージくらってた。 里帰りするわけでもな …

no image

比較をするならあの人と。

つかちょんこと、岩宮つかさです。 誰かと自分を比べることはありますか? 比べることもあると思います。 または、我が子とよその子どもさんを比べてしまったり・・・。 で、比べてしまうことに罪悪感が生じるこ …

モノを捨て、ネガティブ独裁国家に立ち向かう。

つかちょんこと、岩宮つかさです。   お片づけオタクでもあるんですが それをサンシャイン池崎さん風に自己紹介してたら 夫にドン引きされました(^^)   精神科、心療内科をハシゴし …