比較をするならあの人と。

この記事は1分で読めます

つかちょんこと、岩宮つかさです。

誰かと自分を比べることはありますか?

比べることもあると思います。

または、我が子とよその子どもさんを比べてしまったり・・・。

で、比べてしまうことに罪悪感が生じることもありますよね。

うちは、うち。

よそは、よそ。

それぞれの個性なのに・・・って具合に。

でね、比べてしまうこと自体は

それでもいいんじゃない?と思ってます。

自分より幸せそうな人と比べて落ち込むこともあれば

なんとなく可哀想な人と比べて、マシだなぁとホッとしてみたり。

けど、それがこころにとって常に健全なものかと言われたら、ちょっと疑問でもあります。

わたしは、誰かと自分を比較することは

あまり好きではありません。

比較したところで、いいことがあるかと言えば、なかった。

すごい人と比べたら、自分なんてダメだと思っちゃうし

ダメそうな人と比べることで安心してたら、成長がない。

てか、ダメそうだと誰かのことを決めつけるのがむしろ失礼!!

比べるなら、

過去の自分自身と比べるべし。

5年前、10年前とは言わなくても

1年前の自分と比べてみる。

その頃よりも、できるようになったことや

できなくなってしまってること。

わざわざ他人に目を向けるよりも

よっぽど健全なんじゃないかな〜と思います。

我が子も同じ。

よその子どもさんと比較するのではなく

数日前の我が子と比べる。

子どものほうが、昨日できなかったことが今日できるようになったとかあるから

本当の意味で成長を喜べるんじゃないかな(^^)

友だち追加

  • 2018 06.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事