あなたは、だれ?

この記事は1分で読めます

つかちょんこと、岩宮つかさです。

わたしは、岩宮つかさです。

あなたは、誰ですか?

いきなり、なんですか?(笑)ですよね。

わたしが、わたしであること

それ自体にとっても価値がある。

そう、思って生きてきました。

それって、めっちゃ前向きな感じしますか?

この考え方が、わたしをずっと支えていました。

どんなに悲しい思いをしても

寂しくてたまらなくても

常に、もう一人のわたしがそばにいて

「そのままのあなたが一番だよ」って耳打ちしてくれていました。

もしかしたら、自分にそう言い聞かせてただけかもしれないけどね。

大好きな人にフラれてしまっても

陰口をそこらへんで言われていても

わたし自身が、わたしを好きだったから(^^)

でもね、いつの間にか

「比べられる世界」へ進んでいた。

その世界は、競争を生み出し

自分に「ないもの」を補うようにされ

「苦手をなくすこと」に価値を置かれていた。

得意なこと、好きなことに没頭する時間が減り

苦手を克服しようと必死になる。

すっごく苦手なことをすると時間がかかり、

誰かがラクショー!ってこなしてると

自分なんてダメだ・・・

ここにいる意味なんてない・・・

悔しさよりも、無力感が強くなっててね。

一生懸命、「誰か」になろうとしてた。

自分にとって苦手なことをできる誰かのように

あれも、これもできるように。

苦しくってね・・・

そんなときに、

「自分と向き合うこと」をやってみたんだ。

いろんなこと思い出したけれど

スポットライトをどこに当てるかってのが

重要なことかもしれないと思ったの。

就活中の自己分析なんて

誰かと比較しっぱなしで

ダメな自分なんて価値がない・・・と落ち込むばかりだったけれど

あの頃やってた自己分析、

わたしがわたしを認めず

「すごい誰か」に埋もれてしまってる自分を見てたから

そりゃ〜、内定とれんわ!(笑)

自信なんてまったくなかった。

無価値だと思ってる人のことなんて、採用せんよね!(笑)

あなたは、誰?

誰になろうとしているの?

あなたは、あなた。

もしも、なにか変化を求めているのなら

お手伝いさせてください。

「誰か」ではなく「あなた」になろう。

  • 2018 07.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事