施設にいたことは可哀想じゃない①

この記事は1分で読めます

わたしは、小4から中3まで児童養護施設(以後、施設と記載します)にいました。

(※児童養護施設とは、様々な事情で親と離れて暮らすところです。)

 

ある施設では、剣道することが義務化してました。週3日。

わたし、ほんっとにイヤでね・・・。

当時のわたしには、剣道って叩き合いに見えてたの。

「叩きたくない・・・てか、叩かれたくない・・・!!!」

施設に入る前の家庭での生活と重なるワケ。

 

 

それでも、剣道しなきゃいけなかったから、

なんとか楽しみの時間にできないもんかと考え・・・

 

素振りを楽しむことに決めました。

素振りなら、楽しくできる~!!

無になれて、なんかいいわ~

 

 

楽しめること、ひとつでも見つけられると

見方が変わってくることあるよね。

 

  • 2017 07.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事