施設にいたことは可哀想じゃない②

この記事は1分で読めます

施設のおはなし、少しシリーズ化していこうかな。

 

施設で、ちょこっとアルバイトみたいな感じで

「牛乳配達」ってお仕事があったの。

1ヶ月単位で、他の子と交代でしていくの。

わたしの担当は8月だった。

 

毎朝、早起き。

施設の周辺のおうち10件くらいを回って、ビン回収→新しい牛乳補充。

面倒くさがる子が多かったけど。

早朝のお散歩みたいで楽しかったなぁ。

そのときに、

ここのおうちは、何時何分に行くとまだ前日のビンがでてない。

でも、10分ずらすと出ている。

じゃあ、回る順番を変えたらいいか!

8月は暑いし、歩いてるときに牛乳傷んだらいけんけん

早い時間帯にまわろう!

と、勝手に自分で考えて行動していました。

そういうのも、楽しかったな。

一般家庭ではなかなか経験できないことさせてもらってたので

こうやって振り返ると、感謝の気持ちがこみあげてきます。

 

 

 

  • 2017 07.13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事