最初に整理したモノは写真でした。【整理】

この記事は1分で読めます

思い出の品は整理するのが難しい

と、よく聞きますが
わたしが最初に整理したモノは、写真です。
5冊セットになってるアルバムがいくつかあって
そこから、すべての写真を抜きました。
そのとき、いちいち写真をじっくり眺めません。
仕分けの基準はただひとつ。
自分が可愛く写ってるものだけ残す♪ (笑)
ブサイクなもの
半分しか写ってないもの
嫌な気持ちになるもの
ぜーんぶ、手放しました。捨てました。
そうしたら、ほとんど手元には残りませんでした(笑)
分厚いアルバムも手放しました。
↑意外と、棚を占領してるんです。

そうするとね、

アルバムを見返すことが増えました!
いつ開いても、可愛い自分だけがいる♪
しかも、アルバムが軽くなってる♪
(アルバムは、薄くて軽くてお気に入りのモノにするのがオススメ!!)
ときどき、アルバム開いてまた整理します。
自分に元気をくれる過去の写真なら残してていい。
悲しさや、寂しさ、怒りなどを思い出してしまう写真、残しておく意味ありますか?
ブサイクな自分を写真で・・・わざわざ見たいですか?
何でも残しておくことがいいとは思いません♪
※同じ理由で、卒業アルバムも手放しました♪
  • 2017 06.21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事