許せない人がいるあなたへ。

この記事は1分で読めます


許せないひとがいますか?
許したいと思いますか?
許していきたいですか?

およそ、1年前、わたしは父を許せたと実感しました。
まぁ、許したからって、会ったりはしていませんが
こころがとっても穏やかになりました^^

でね、どうやって許していったのか
聞かれることもあったので、振り返っていました。

やっと、言葉にできそうなので書きます。

まず、許せない人がいることを受け入れていくことが必要。
やさしいあなたのことだから
許せないって気持ちすら感じないように
許していると思い込んでいませんか?
それでも大丈夫なら、それでもいいです^^

けど、感じないようにしていても
ちょっとしたきっかけで心が乱れてしまう、
許せない思いがムクムク湧いてきてしまう、
めっちゃ苦しいよ~って感じなら

あの人を許せないままでもいいから
そんな自分を許してあげて。

どういうことかと言うと
「あの人のことが許せないわたし、なんてダメな人なんだろう・・・」
そう、思っていませんか?
でも、自分にダメだしし続けることって苦しい。不快。ヤダ。
だから、ダメだししないように
「許した」ことにしてしまっているんです。

けどね、
「あの人、ほんま許せんわ!チクショー!」って思ってしまうことを
自分にOK出してしまうのです。

「まぁ、あの人のことは許せんわ、でも、そんな自分でもいい」

そうすると、
わぁ~分かってくれてホンマありがとう!って
自分の中の自分が思うんだ。それが大事。

で、今までよぉガマンしてきたなぁ~
ごめんよー、えらかったなぁ(しんどかったなぁ)と
自分を労る!ねぎらう!甘いもんでも食べながら。

どこがどう許せないとか、そういうことはどうでもいい。
あくまでも、自分を許すこと!

「その2」に続く

  • 2018 09.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事