許せない人がいるあなたへ。その2

この記事は2分で読めます


許せない人がいる。
許したほうがいいと思ってる。
でもどうすれば許せるか分からない・・・。
そんなあなたへ書きます。

ちなみに、許せない人がいて
「許したら負けだ」と思っているとしたら、
許しに勝ち負けってないと思う。
あるとすれば、負けるが勝ちだと思う。

それくらい、許せない!!っていう気持ちを持つのは
相手だけでなく、自分自身を粗末に扱うことなの。

許せないって思っててもいい。
でも、負けたくないから許さないってのは
その時間もエネルギーも、もったいないな。

許そう、そう思ったら、一歩踏み出してみようね。

さて、この記事の続き。

「許せないと思っている自分を許していこう」

言葉にすると簡単そう?どうかな?

これがさ、わたしは時間かかったんだ。

プライドがあったんだよね。
許してしまうと、チャラにされちゃうとか
ちっぽけな意地張ってたんだ~。

でも、自分を許すことって
自分はそれでも自分だし、それでOK!って思えることでもある。

そのために出来ることは、
わたしの場合は、自分を労る、ねぎらうことだったの。

その具体的な行動は、人それぞれ違うけど
とにかく自分の好きなことをする!だね。

読書の沼にハマるもよし、美味しいコーヒー飲みに行ってもいい。
寝てもいい。
カワイイもの見に行って癒やされてもいいよね。

ふわ~っとゆるむことって、大切だよ^^

感情に面積や体積があると仮定すると
許せないー!って許せない相手のこと考えてると
その相手へのネガティブな気持ちで埋め尽くされてしまう。

自分のためのいい気分♪が入るスキマが減っていっちゃう。
ただ、なんかムカつくだけで、何を思ってるんだかよく分かんなくなる。

それが、自分を労って、ねぎらっていくうちに
感情の面積・体積を自分のために取り返していけるようになる。

そうなれば、相手のこと考えるスキマがどんどんなくなっていく。

いつも穏やかな気持ちで過ごせるようになっていく。

で、だんだん許せるようになっていく。

感情って、目に見えないものだから
ほっとくと、誰かに占拠されていっちゃうんだよね。

それが、いい気持ちのものならまだいいけど
イヤな気持ちだったら、イヤだよね。

自分の機嫌は、自分でとっていこう!とか聞いたことあるかもしれないけど
許したい人がいるときも、それは効果あるよ!

人によって、時間がどれくらいかかるかは
個人差があるけど、
10年許せなかったわたしでも、ゆっくり時間かけて許していけました。

1人ではなかなか難しい・・・
話を聴いてもらいながら気持ちの整理をしたい・・・
と思っておられたら、個別でお話し聴いていますので
気軽にお問い合わせくださいね^^

  • 2018 09.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事