人の役割、取っちゃいけんよ。

この記事は1分で読めます

わたしがやったほうが早いとか

あの人に、ここまでさせたら悪いとか

そんな気持ちで、人のやることを取ってしまってませんか?

対象は誰でもいい。

身近な人だと、子どもや、親とか。

子どもがやるより、自分がやったほうが早いことはたくさんあるよね。

親よりも体力がある自分がやらなきゃと思うこともあるよね。

けど、それってホントに相手のためかな。

自分だけの都合じゃないかな。

じゃあ、全部任せればいいのか!?という極論に走るんじゃなくて

任せてもらえる部分があるって、嬉しいこともあるんだよ♪

クイックルワイパーは子どもに任せる、

洗濯物を一緒に干したりたたんだりするときに、

「じゃあコレは◯◯ちゃん、お願いね」って頼むと、すっごく嬉しそうにしてくれる♪

毎年の草刈りを義父がやっていますが

時間がどれだけかかるか、大変かを熱弁しながらも

楽しそうに見えます。

「おかげで今年もいい感じだね〜♪」って声をかけたらそれでいいと思うよ。

まだ小さいから、もう年だから

って、誰かのやってることを取っちゃうのは

相手から役割を取ってしまうのと同じ。

超危険!とか、そんなんでもない限り

その役割はそのままでいいよ。

すべてを、あなたが抱える必要はないんだから。

助けて!って頼まれたり

ちょっと大変そうかな?と思えば

そのときに声をかけたり手を貸すくらいにする。

あくまでも主役は相手、自分はサポートくらいの気持ちでいたほうが

自分も気持ちが楽になるし、相手も任されてる感じが嬉しいよ。

あなただけが頑張る必要ないよー!♪

またね!ありがとう!

  • 2018 09.21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事