生い立ちなど

施設にいたことは可哀想じゃない⑤先生の言葉

投稿日:

今までのお話し

施設にいました→

〜先生は同情しない〜

わたしは、反抗期と言われる時期に親元で過ごしていません。
施設の先生に反抗するわけでもなかった。
わたしの矛先は、当時(中2、3年)の担任に向いていました。
(学校は、一般的な市立の学校に通ってました)
わたしの耳に痛いことを言われ、つい、ムッとして刃向かうことを口答えしました。
で、
あーーー!しまったーー!!と思った。
慌てて、ごめんなさいの手紙を担任に書いて渡しました。
それへの返事
「私(担任)は、つかさちゃんにもそういう一面があることは分かっていました。
つかさちゃんは、親元で過ごしているわけじゃない。
きっと誰よりも、親に嫌われたくないんだよね。
本当に健気だなって思います。

(中略)

でも、私は、つかさちゃんが施設にいるからって
可哀想とは思わない。同情なんてしません
つかさちゃんも、クラスの他の子も、私にとってはみんな可愛い生徒です。
つかさちゃんだけが特別ではありません。」
わたし自身、決して自分が不幸だとか同情されたいとか思ったことはなかったので
へぇ〜!わたしの立場って同情されるんだ!!
と、驚きました。
でも、どこかで、
わたしは可哀想な子だから
反抗しても許されるって思っていたのかもしれません。
当時の担任から、たくさんの愛情を受けていたこと
そのときはあまり分かっていませんでした。
年を重ねるうちにジワジワと感じています。

わたしを、腫れ物扱いしないでいてくれてありがとう、先生!

(2017.7.16)

-生い立ちなど

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

施設をでてから①新しい生活

今までのお話し 施設にいました→①、②、③、④、⑤     高校進学と同時に、私は親元に戻りました。   待っていたのは、父、新しい母、そして赤ちゃん。   新 …

no image

施設をでてから④大学生活

今までのお話し 施設にいました→①、②、③、④、⑤ 施設を出てから→①、②、③   大学に復学するとき 生活の不安と、学費をどうしようと、それだけがグルグル。   奨学金を借りられ …

no image

施設をでてから⑤全身の痛み・・・そして。

今までのお話し 施設にいました→①、②、③、④、⑤ 施設を出てから→①、②、③、④   大学時代は 働き詰め、授業もほぼ必ず出席していたので わたしの身体は・・・ボロボロでした。 &nbsp …

とにかく、書き出す

つかちょんこと、岩宮つかさです。   親のせいでわたしの人生めちゃくちゃだ。 わたしの時間を返して。 もう、わたしなんてどうでもいい。 そんな、ネガティブ独裁国家が頭の中を占拠していたことも …

小4~児童養護施設での生活

http://iwamiya-salon.com/wp/wp-content/uploads/180517-02.mp3   つかちょんです。 小4~中3まで、児童養護施設で過ごしていました …