生い立ちなど

【つかねーに憧れて〜妹の変化①】昔の自分と重なる・・・

投稿日:2017-08-01 更新日:

わたしには、15歳くらい歳の離れた妹がいます。

少しだけ、時系列がずれてしまいますが

ここからは、妹のお話をシリーズで書いていきます。

 

 

妹は、わたしが施設を退園して親元に戻った時に

一緒に暮らしてた赤ちゃん。

久しぶりに再会したときは小学3年生くらいになっていました。

 

 

再会した当時の妹の様子を見ていると、

 

・親や周りの顔色を見ながら、言葉を選んでいる

・自分の意見を言わない

・自分で決めて行動することがほとんどない

・でも、どうせ、と始める前から諦める

 

 

なんだか、昔の自分と重なって見える。

わたしは自分の小学3年生頃ってあまり記憶ない。

4年生からは施設にいたので普通とかあまりよく分からないけれど、

もうちょっと言いたい事言ってたような気がする・・・

施設の先生という受け止めてくれる存在があったからかもしれないけど。

 

 

 

だから、妹には、わたしが感じてきたような孤独感や無力感を味わってほしくない。

楽しく生きてほしい!と思いました。

 

 

自問自答。

わたしに何ができる・・・?

 

 

うーん、分からない・・・。

でも、このままではいけない気がする。

 

そうして、妹へのアプローチがスタートします。

-生い立ちなど

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【つかねーに憧れて〜妹の変化④】異変

妹、中学生になりました。 初めは、なかなか学校に馴染めず、休みがちだった。 新しい環境に不安になったり 毎日、なんだかつまらなくて 引きこもりがちになっていた。 そこに、異変が起こります。 妹にとって …

no image

【乗り越えていく⑥】幸せだ、と決める!

わたしは「幸せ」です。 過去のわたしにスポットをあてると 可哀想、大変だったね〜ってなるかもしれません。 でも、わたしが生きているのは「今」。 わたしが「幸せ」なのは、 そう「決めた」からです。 以前 …

モノを捨て、ネガティブ独裁国家に立ち向かう。

つかちょんこと、岩宮つかさです。   お片づけオタクでもあるんですが それをサンシャイン池崎さん風に自己紹介してたら 夫にドン引きされました(^^)   精神科、心療内科をハシゴし …

no image

施設をでてから①新しい生活

今までのお話し 施設にいました→①、②、③、④、⑤     高校進学と同時に、私は親元に戻りました。   待っていたのは、父、新しい母、そして赤ちゃん。   新 …

no image

今までを、疑う

つかちょんこと、岩宮つかさです。   突然ですが、こんなこと思ったことはありませんか? わたしなんて、いてもいなくてもどうでもいい。 いるだけで迷惑をかける存在だ。 むしろ、いないほうがいい …