生い立ちなど

施設をでてから①新しい生活

投稿日:

今までのお話し

施設にいました→

 

 

高校進学と同時に、私は親元に戻りました。

 

待っていたのは、父、新しい母、そして赤ちゃん。

 

新生活、家庭での生活、楽しみで仕方なかった。おうちに戻れたこと、うれしかった。

 

でもね、わたしはここから約10年間、暗闇を彷徨いました。

 

 

 

家庭の中心は、赤ちゃん。これは、覚悟していた。

 

 

でも・・・・・さみしかった。

ここには、居場所がないって思った。

 

 

 

赤ちゃんがいるから仕方がないよねって、朝ご飯やお弁当は自分で毎日作った。

 

「いってきます」の時間はみんなが寝ている。

 

「ただいま」と言っても返事がない。

 

学校でのこと、話したくても、返ってくるのは、「あー、そう」。

 

そのうち、心を閉ざすようになっていった。

 

はぁ・・・家庭って暖かいと思ってたけど、こんなに冷たいんだな・・・って。

 

(2017.7.17)

-生い立ちなど

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

テレビの弊害から、活かしていく。

つかちょんこと、岩宮つかさです。   何度か記事でも書いていますが 小4~中3は児童養護施設で生活し、高校時代は親元で暮らしてきました。 高校時代の生活は、正直つらく、悲しく、苦しいことが多 …

no image

嘘をつくのは、構ってのサインですか?

岩宮つかさです。   記憶があるのは、小学生以降なんだけどね   小学2年くらいのときに   人生やめたくなってたの。   「生きたくても生きられない人がいるか …

no image

施設をでてから④大学生活

今までのお話し 施設にいました→①、②、③、④、⑤ 施設を出てから→①、②、③   大学に復学するとき 生活の不安と、学費をどうしようと、それだけがグルグル。   奨学金を借りられ …

no image

施設をでてから⑤全身の痛み・・・そして。

今までのお話し 施設にいました→①、②、③、④、⑤ 施設を出てから→①、②、③、④   大学時代は 働き詰め、授業もほぼ必ず出席していたので わたしの身体は・・・ボロボロでした。 &nbsp …

施設にいたことは可哀想じゃない④

ここまでのおはなし 施設にいました→①、②、③   〜調理当番VS畑作業〜 ある施設では、 ○年生以上の女子(細かくは覚えていない)に 調理当番がまわってきていました。 調理室には、栄養士さ …