施設をでてから①新しい生活

この記事は1分で読めます

今までのお話し

施設にいました→

 

 

高校進学と同時に、私は親元に戻りました。

 

待っていたのは、父、新しい母、そして赤ちゃん。

 

新生活、家庭での生活、楽しみで仕方なかった。おうちに戻れたこと、うれしかった。

 

でもね、わたしはここから約10年間、暗闇を彷徨いました。

 

 

 

家庭の中心は、赤ちゃん。これは、覚悟していた。

 

 

でも・・・・・さみしかった。

ここには、居場所がないって思った。

 

 

 

赤ちゃんがいるから仕方がないよねって、朝ご飯やお弁当は自分で毎日作った。

 

「いってきます」の時間はみんなが寝ている。

 

「ただいま」と言っても返事がない。

 

学校でのこと、話したくても、返ってくるのは、「あー、そう」。

 

そのうち、心を閉ざすようになっていった。

 

はぁ・・・家庭って暖かいと思ってたけど、こんなに冷たいんだな・・・って。

 

(2017.7.17)

  • 2017 07.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事