おはなしサロン

おとうさん・おかあさんと上手にさよならする方法~過去に悲しい思いをしたあなたへ~生きづらさを手放し、あなたらしく歩いていこう。

生い立ちなど

施設をでてから②受検、そして合格

投稿日:

今までのお話し

施設にいました→

施設を出てから→

高校3年生。受験生になりました。

わたしの頭の中は「こんな家、さっさと出て行ってやる!」。

 

 

県外の大学かなんかに進学すれば出て行ける!!と、猛勉強。

 

 

ふと、生みの母を思い出し、

あぁ、わたしが生まれ、短期間だけど育った地に行ってみたい・・・

という動機だけで大学を選び、受検。

 

高校から推薦をいただき、得意な小論文で合格しました。

 

 

やったー!これで出て行けるぞー!とウキウキしていました。

 

 

 

しかし・・・

「えー受かっちゃったのー?悪いけど、辞退してくれる?お金ないから。入学金も払えないから」

 

大ショック・・・を通り越し、

怒りを通り越し、呆然・・・。

言葉が出てこない。

 

 

 

「おめでとう」じゃないんだ・・・。

お金なんだ・・・。わたしはお金がかかる子なんだ・・・。

 

 

 

そして、推薦をだしてくれた先生や、受検を支えてくださった先生方の姿が浮かぶ。

 

悔しい。

 

 

 

ここで、わたしは大学を1年休学し、アルバイトをして当座の学費・生活資金を貯める決意をします。

 

(2017.7.18)

-生い立ちなど

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

施設をでてから①新しい生活

今までのお話し 施設にいました→①、②、③、④、⑤     高校進学と同時に、私は親元に戻りました。   待っていたのは、父、新しい母、そして赤ちゃん。   新 …

高校時代の事件②(①のつづき)

http://iwamiya-salon.com/wp/wp-content/uploads/180517-05-02.mp3   つかちょんです。   親から、過去に言われた言葉 …

テレビの弊害から、活かしていく。

つかちょんこと、岩宮つかさです。   何度か記事でも書いていますが 小4~中3は児童養護施設で生活し、高校時代は親元で暮らしてきました。 高校時代の生活は、正直つらく、悲しく、苦しいことが多 …

施設にいたことは可哀想じゃない⑤先生の言葉

今までのお話し 施設にいました→①、②、③、④ 〜先生は同情しない〜 わたしは、反抗期と言われる時期に親元で過ごしていません。 施設の先生に反抗するわけでもなかった。 わたしの矛先は、当時(中2、3年 …

施設にいたことは可哀想じゃない④

ここまでのおはなし 施設にいました→①、②、③   〜調理当番VS畑作業〜 ある施設では、 ○年生以上の女子(細かくは覚えていない)に 調理当番がまわってきていました。 調理室には、栄養士さ …