施設をでてから②受検、そして合格

この記事は1分で読めます

今までのお話し

施設にいました→

施設を出てから→

高校3年生。受験生になりました。

わたしの頭の中は「こんな家、さっさと出て行ってやる!」。

 

 

県外の大学かなんかに進学すれば出て行ける!!と、猛勉強。

 

 

ふと、生みの母を思い出し、

あぁ、わたしが生まれ、短期間だけど育った地に行ってみたい・・・

という動機だけで大学を選び、受検。

 

高校から推薦をいただき、得意な小論文で合格しました。

 

 

やったー!これで出て行けるぞー!とウキウキしていました。

 

 

 

しかし・・・

「えー受かっちゃったのー?悪いけど、辞退してくれる?お金ないから。入学金も払えないから」

 

大ショック・・・を通り越し、

怒りを通り越し、呆然・・・。

言葉が出てこない。

 

 

 

「おめでとう」じゃないんだ・・・。

お金なんだ・・・。わたしはお金がかかる子なんだ・・・。

 

 

 

そして、推薦をだしてくれた先生や、受検を支えてくださった先生方の姿が浮かぶ。

 

悔しい。

 

 

 

ここで、わたしは大学を1年休学し、アルバイトをして当座の学費・生活資金を貯める決意をします。

 

 

  • 2017 07.18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事