施設をでてから⑤全身の痛み・・・そして。

この記事は1分で読めます

今までのお話し

施設にいました→

施設を出てから→

 

大学時代は

働き詰め、授業もほぼ必ず出席していたので

わたしの身体は・・・ボロボロでした。

 

しまいには立ち上がれなくなり、全身に謎の痛みが続くようになりました。

「うつ」になっていました。

 

 

それでも、動けない自分を認めたくない。

これは、怠けである。

働かないといけない。自分で生きていかなければ。

そうやって、

自分にムチ打って外ではニコニコしているのです。

 

 

 

そんなあるとき、運命の人と再会します。

 

彼は、休学期間にアルバイトしていた職場の上司でした。

いつも、いつも、

わたしのことを応援してくれている人でした。

一緒にいると、ドキドキしなくて(笑)、安心できる人。

 

わたしは大学で単位取り終わっていて、就職も決まり、あとは卒業を待つのみだった。

 

 

彼は「結婚しよう」って言ったのです。(遠距離恋愛してたわけじゃない)

 

 

 

 

いやー、不思議と、驚かなかった(笑)

 

 

でも、わたしの頭の中には

 

・家庭なんて、冷たくて悲しい

・無気力になってしまってるわたしは、迷惑をかけるだけじゃないか?

・大学卒業しても、就職する余力がない

・奨学金7年間分の借金抱えてるぞ、わたし・・・

 

が、グルグル。

 

だから、頼れよ!!そのために俺がいるじゃないか。

って言う彼を信じてみようと思ったのです。
直感で、きっと彼となら、わたしはこの負のループから抜け出せるぞって。

 

 

  • 2017 07.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事