生い立ちなど

乗り越えていく④「すでにある」ことに着目

投稿日:2017-07-26 更新日:

わたしの頭の中は

 

・わたしにはなにも取り柄がない

・お金がないと困る

・あれがない、これがない

 

「ない」、「ない」のオンパレード。

つまんなかった。

 

だから、考え方を変えてみようかなって思いました。

 

「すでにある」ことに着目しようって

・わたしのそばにいてくれる旦那さんがいる

・住む、おうちがある

・食べ物を作ってくれる人がいる

・近くにスーパーがある

 

 

最初のうちは、すべてが当たり前になっていて

「ある」ことに着目するのが難しかったのです。

 

・ここは日本だから当たり前

・法律で決まってるから当たり前

・それがないと困るからあって当たり前

 

って思っていた。

なんというか・・・無知で、傲慢で、思い出すだけで恥ずかしい。

 

 

 

「すでにある」ことに着目することは、

わたしが暗闇から抜け出す大きな一歩になっていきました。

 

 

もくもくと、ただ、

目の前にあることを書き出していくだけ。

それを、続けていました。

 

-生い立ちなど

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

音楽のチカラを借りる

つかちょんこと、岩宮つかさです。   わたしは、決して一般的な家庭環境とは言えない状況で過ごしてきました。 戸籍謄本を取り寄せたら、なんかすごいことになってたのを記憶しています(笑) なにか …

no image

わたし、ここにいるのかな。

記憶のある家庭生活を思い出すと 「無視」が多かった。 自然とね〜 「わたしのこと、見えますか?」 って不安になる時期があったの。 特に多かったのが 車を運転してるとき。 わたしのこと、見えてるかなあ? …

no image

施設にいたことは可哀想じゃない③

〜お小遣いって、あるの?〜 実際に聞かれたことのある質問なので、お答えします♪ お小遣い、ありました。 わたしがいた施設では 学年ごとに、お小遣いの金額が決まっていました。 ○年生はいくらみたいな。 …

no image

乗り越えていく⑤「ありがとう」が湧き上がる

「すでにある」ことに着目するようになってから   わたしの意識はガラリと変わりました。   すべてが「ありがとう」。   すべてが、財産。   「○○してくれて、ありがと …

おとうさんへ(手紙)

あの日、 花嫁からの手紙なんて書きたくなかった。 書くことなんてない、 「育ててくれてありがとう」 なんて思えないから 人様の前で言おうとまず思ってなかった。   結婚したときは、おとうさん …