生い立ちなど

【つかねーに憧れて〜妹の変化②】本音でぶつかってみた

投稿日:2017-08-02 更新日:

再会した妹の姿が自分の昔と重なる。

妹へのアプローチを開始しました。

 

 

 

わたしと妹は、会ってもなんだかよそよそしい雰囲気。

 

そうだよね、

 

わたしが家を飛び出したときはまだ小さかったから

覚えてないよね(笑)

 

んじゃあ、わたしから歩み寄ってみよう。

 

 

妹が10歳(小学5年)になったあたりをきっかけに、

フクザツな家族構成、わたしと親のもめ事、わたしの本音を

ぽつり、ぽつりと話していきました。

 

 

ただ、黙って聞いていた妹。

 

 

当時どう思ってた?って最近聞いてみたらね

 

「話してくれてうれしかった」

「つかねーと親の間になにかあるなぁって思ってたけど聞けなかったし、

つかねーがどんな気持ちなのかも知らなかった。

知ることができてよかった。」

 

 

本音を話せば話すほど、

相手の心が開いてくる不思議を体験することにもなっていました。

 

ここから、少しずつ、妹に変化が見えてきました。

-生い立ちなど

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

愛された記憶がなくても。

いわみやです。   わたしは、家族が大好きです。 夫と2人の子どもたちが本当に大好き。 ひとりになりたいときもある、 プンプン怒ることもある、 でも、やっぱり、家族が大好き。 どれだけ、愛情 …

no image

乗り越えていく①音楽のチカラ

今までのお話し     ここからは わたしが、深い暗闇から抜け出すために やってきたことを綴ります。       内定先を辞退。大学卒業して、結婚。 …

モノを捨て、ネガティブ独裁国家に立ち向かう。

つかちょんこと、岩宮つかさです。   お片づけオタクでもあるんですが それをサンシャイン池崎さん風に自己紹介してたら 夫にドン引きされました(^^)   精神科、心療内科をハシゴし …

no image

今までを、疑う

つかちょんこと、岩宮つかさです。   突然ですが、こんなこと思ったことはありませんか? わたしなんて、いてもいなくてもどうでもいい。 いるだけで迷惑をかける存在だ。 むしろ、いないほうがいい …

no image

施設をでてから⑤全身の痛み・・・そして。

今までのお話し 施設にいました→①、②、③、④、⑤ 施設を出てから→①、②、③、④   大学時代は 働き詰め、授業もほぼ必ず出席していたので わたしの身体は・・・ボロボロでした。 &nbsp …