【乗り越えていく⑥】幸せだ、と決める!

この記事は1分で読めます

わたしは「幸せ」です。

過去のわたしにスポットをあてると
可哀想、大変だったね〜ってなるかもしれません。
でも、わたしが生きているのは「今」。
わたしが「幸せ」なのは、
そう「決めた」からです。
以前のわたしは、
「父がお金を使い込んだ。だからわたしは幸せになれない。
すべて返してよ。そうしたらわたし、「幸せ」になれるから。許せるから」
と思っていました。
自分の幸せは、他人次第だったということ。
父の前では、わざと
お金に困ってる素振りをしたり
幸せじゃないです
って態度をとっていました。
そんなことしてる時間が苦痛で
アホらしい!!と痛感したときに
よし!
これからは
父がお金を返したとか返してないとか
そういうのは関係なく
わたしは幸せである、と決めよう!
と、決意。
その瞬間、視界がパァっと開けてきました。
お金が返ってくるかどうかが問題ではなく
他人に振り回されずに自分の足で立つ。
周りがわたしを幸せにするのではない。
また、幸せって、なっていくものではない。
状況がどうであろうと
誰がなんと言おうとも
わたしは幸せだ!と決める。
思い込むこととは違います。
人に幸せにしてもらおうと思うのをやめる。
幸せになるのを待つ、ことをやめる。
この瞬間、幸せって雪崩のように訪れていることに気づきました。
デッカい決意だったな(^^)♪
  • 2017 07.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事