生い立ちなど

【乗り越えていく⑦】強烈なルールを手放す

投稿日:2017-07-31 更新日:

実は、写真の整理をしたとき

わたしは大きな間違いを犯していました。
アルバムから、父の写真を全て抜いたとき
わたしは、怒りのエネルギーが半端なかった。
だから、一時的にラクになっても
姿を見たり、人づてに話を聞いただけで
イラっとスイッチが、オンになる。
後になって分かりました。
当時のわたしは、
心の整理ができていなかった。
心の奥底では
「親は大切にすべきである」と思っていた。
それに反するかのように、写真を全て抜いた。
そして、それがわたしにとって苦しかった。
「どんな親でも、親は親」と聞く度に、ものっすごくイライラしていました。
こんな親でも、大切にしなきゃいけないの?って反発心があったんです。
だから、わたしは
「親は大切にすべきである」という謎の強烈なルールを手放すことにしました。
すでに、手元には親に関するモノはない。
けど、親戚とかとの会話で出てくる。
以前は、話題に上がるだけで
イライラボルテージMAX寸前だったのが
イライラするどころか、
わたし、なぜか笑ってる(笑)
こないだ、○○でお父さん見たよ
って言われても
アハハ〜そうなんだ〜(笑)
こないだ、お父さんが○○してたよ
って聞いても
アハハ〜ウケる〜(笑)って具合に。
親に関する強烈なマイルールを手放す。
これは、親を大切にしなくてもいい、ということではないですよ。
マイルールを手放しただけで
状況はなにも変わっていないけれど
自分の見ている世界、生きている世界が変わりました。

-生い立ちなど

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

音楽のチカラを借りる

つかちょんこと、岩宮つかさです。   わたしは、決して一般的な家庭環境とは言えない状況で過ごしてきました。 戸籍謄本を取り寄せたら、なんかすごいことになってたのを記憶しています(笑) なにか …

高校時代の事件②(①のつづき)

http://iwamiya-salon.com/wp/wp-content/uploads/180517-05-02.mp3   つかちょんです。   親から、過去に言われた言葉 …

no image

施設にいたことは可哀想じゃない①

わたしは、小4から中3まで児童養護施設(以後、施設と記載します)にいました。 (※児童養護施設とは、様々な事情で親と離れて暮らすところです。)   ある施設では、剣道することが義務化してまし …

no image

乗り越えていく③ノートとペンで手を動かす

湧き上がってくる気持ちを 無意識のうちに押しつぶすクセがついていました。   そこで、ノートとペンを持ち出して、 思いつくままに言葉を書き出してみようと思った。   と、いっても、 …

no image

【つかねーに憧れて〜妹の変化③】くすぶっている様子

妹と、ときどき会うことがあり そのときは、わたしが本音を話すと同時に 学校や家庭でのことなどを 聞くことも意識していました。 出てくる言葉は 学校でのグチ、家庭のグチが多かった。 だけどね 何も話して …