生い立ちなど

【つかねーに憧れて〜妹の変化③】くすぶっている様子

投稿日:2017-08-03 更新日:

妹と、ときどき会うことがあり
そのときは、わたしが本音を話すと同時に
学校や家庭でのことなどを
聞くことも意識していました。
出てくる言葉は
学校でのグチ、家庭のグチが多かった。
だけどね
何も話してこなかった妹が
こんなことあった、あんなことあった
と話すようになった。
これは、大きな変化だなと感じていました。
当時、妹は小学5、6年生。
なんだか、くすぶってるな〜って印象。
毎日、なんかつまらない。
どうにかしたい。
このままは、なんとなくイヤだな。
でも・・・どうしたらいいんだろう。
そんな思いを募らせている様子でした。

-生い立ちなど

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

モノを捨て、ネガティブ独裁国家に立ち向かう。

つかちょんこと、岩宮つかさです。   お片づけオタクでもあるんですが それをサンシャイン池崎さん風に自己紹介してたら 夫にドン引きされました(^^)   精神科、心療内科をハシゴし …

高校生活と家庭、抑え込んでいた思い

http://iwamiya-salon.com/wp/wp-content/uploads/180517-04.mp3 つかちょんです。   小4~中3まで児童養護施設にいましたが 高校入 …

施設にいたことは可哀想じゃない④

  〜調理当番VS畑作業〜 ある施設では、 ○年生以上の女子(細かくは覚えていない)に 調理当番がまわってきていました。 調理室には、栄養士さんや調理師さんがいるので その補助をする当番です …

no image

寝る前にふと思ったつぶやき。

過去の自分のことを思い出し そのとき、過去の自分はどう思っていたのか 振り返ったあと ズドーーーーンと、落ち込みました。かなり。 深く掘り下げていけばいくほど 苦しかった。 苦しすぎて、涙も出なかった …

no image

【つかねーに憧れて〜妹の変化①】昔の自分と重なる・・・

わたしには、15歳くらい歳の離れた妹がいます。 少しだけ、時系列がずれてしまいますが ここからは、妹のお話をシリーズで書いていきます。     妹は、わたしが施設を退園して親元に戻 …