生い立ちなど

昔のことを思い出すと、今でもちょっとつらいよ

投稿日:2017-08-06 更新日:

最近、過去のことを書きおこしてるからか

子どもの頃のことを、ふと思い出します。
5歳くらいまでの記憶は全くありません。
それ以降〜小3,4年くらいまでのことを思い出す。
心臓が、バックバックします。
そして、ギューーーって、しめつけられるような感じになる。
おーっとっと、わーお!キタキター!ってなります。
ヤメテほしい。
はやく、時間よ過ぎてくれ。
いつまで続くんだろう。
コワイ
って、感情を思い出す。
思い出すと、本当に苦しくなる。
呼吸するのを忘れてしまうくらい。
落ち着くまでに、少し時間がかかることもあります。
以前は、思い出すたびに
プチパニック状態になったかのように
泣き出したり、過呼吸になっていた。
今は、そこまではならないけど、
やっぱ、ちょっとは苦しい。
一晩寝たら、もう落ち着いてるんだけどね
思い出すと、なかなか寝つけないのよね。
とにかく、深呼吸。
落ち着いて〜落ち着いて〜って自分に言う。
記憶の整理をしているんだろうなって思っています。
痛かったね。
時間が長く感じたね。
怖かったね。
耐えたね。
今、しっかり生きてるね!!幸せだよ。
過去のことだよ、大丈夫だよって。
おまじないみたいだね(^^)
自分の過去とガッツリ向き合ったから
思い出しちゃったときも慌てない。
自分は、今ここにいるって安心できる。

-生い立ちなど

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

施設にいたことは可哀想じゃない④

  〜調理当番VS畑作業〜 ある施設では、 ○年生以上の女子(細かくは覚えていない)に 調理当番がまわってきていました。 調理室には、栄養士さんや調理師さんがいるので その補助をする当番です …

no image

施設をでてから①新しい生活

今までのお話し 施設にいました→①、②、③、④、⑤     高校進学と同時に、私は親元に戻りました。   待っていたのは、父、新しい母、そして赤ちゃん。   新 …

施設にいたことは可哀想じゃない⑤先生の言葉

  〜先生は同情しない〜 わたしは、反抗期と言われる時期に親元で過ごしていません。 施設の先生に反抗するわけでもなかった。 わたしの矛先は、当時(中2、3年)の担任に向いていました。 (学校 …

no image

歯医者で気づいた、父への思い

先日、歯医者さんに行ってきました。 そこでは、わたしの歯だけではなく 両親や兄弟姉妹の歯のことも聞かれました。 「うーん、母や兄弟の歯のことは分かりませんが 父は、60歳過ぎで今は歯が3本くらいです。 …

no image

ずっと握りしめていたのは、○○だったから。

断捨離、イエーイ!とか言いながら(笑)   手放すことの難しさを痛感することもあります。 「変わりたい、幸せになっていきたい」   そう思いながら、必死で手放さなかったものがあった …