生い立ちなど

実の母との再会~当時小5~

投稿日:2017-08-28 更新日:

わたしは実の母と

わたしが5歳になる少し前くらいに

離れて暮らすことになったそうです。

幼い頃の母との暮らしは何も思い出せないです。

わたしが実の母の存在を父に打ち明けられたのが、小5くらいでした。

「会わせたい人がいる」だったかなー

「つかさに会いたいって言ってる人がいる」だったかなー。

細かいことは忘れちゃったけど、そんな感じのことを言われた。

再会したときのこと、なんとなく覚えているのが

・女の人が泣きながら近づいてくる

・急に抱きしめてきて、やっぱり泣いている

・さらに、泣きながら謝ってくる

・「つかちゃんを捨てたわけじゃないの」

・「ごめんね、ごめんね、ごめんね」

どうしたらいいのか、分からなかった。

けど、あぁこの人がわたしのお母さんなのかなってなんとなく思った。

わたしは、母の記憶がなかったので

捨てられたと思ったこともないし

なぜ謝ってくるのか分からなかった。

ただ、抱きしめて泣いてる姿をみて

もう泣かないで、苦しまないでほしい

って思っていた。

-生い立ちなど

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

嘘をつくのは、構ってのサインですか?

岩宮つかさです。   記憶があるのは、小学生以降なんだけどね   小学2年くらいのときに   人生やめたくなってたの。   「生きたくても生きられない人がいるか …

no image

昔のわたし、ありがとう。

わたしは強くない。 ホントは不安で不安でたまらなかった。 行動することで、その不安を打ち消していた。 わたしは、弱かった。 だけど、いま、幸せ。 書けたから、もっと、幸せ。

no image

わたし、ここにいるのかな。

記憶のある家庭生活を思い出すと 「無視」が多かった。 自然とね〜 「わたしのこと、見えますか?」 って不安になる時期があったの。 特に多かったのが 車を運転してるとき。 わたしのこと、見えてるかなあ? …

no image

乗り越えていく④「すでにある」ことに着目

わたしの頭の中は   ・わたしにはなにも取り柄がない ・お金がないと困る ・あれがない、これがない   「ない」、「ない」のオンパレード。 つまんなかった。   だから、 …

おとうさんへ(手紙)

あの日、 花嫁からの手紙なんて書きたくなかった。 書くことなんてない、 「育ててくれてありがとう」 なんて思えないから 人様の前で言おうとまず思ってなかった。   結婚したときは、おとうさん …