夫への頼り方

つかちょんこと、岩宮つかさです。

 

「おとうしゃんがいいーー!!」って号泣されたときは

「お父さんに頼るチャンス!」です。

 

夫は帰りが遅くて・・・

家ではゲームばっかりしてて・・・

 

そんな声が聞こえてきそうです。

 

だから、わたしがやらないといけないんです。

わたしがちゃんとしてないから、泣いてしまうんです。

もっとわたしがしっかりしてないと・・・

 

頑張り屋さんのあなたは、もしかしたら

そう思ってるかもしれませんね(^^)

 

と、いうのも

わたし自身、そう思って歯を食いしばりながら

子育てならぬ、孤育てをしている気持ちになっていた時期があったんです。

 

夫は仕事で疲れているから、家ではゆっくり過ごしてほしい。

仕事に加えて、家のこと、育児もだなんて言えない・・・

 

よーーーく分かります!

 

でもね、だんだんと自分から気力が抜けていくのを感じていました。

以前、「線維筋痛症」ってのになって

全身の謎の痛みに困ってた時期があったんですが

子育てでそれを再発してしまっていました。

身体が悲鳴をあげていました。

 

このままじゃいかん!と思っていながらも

クタクタの夫には何も言えませんでした。

 

夜泣きがあるから寝室は別。

朝起きたらもういない、寝てるときに帰ってくる。

そんな日々だったんです。

 

それが、「環境」と「言葉がけ」を変えていくことで、

夫に頼っていけるようになったんです。

 

夫はね、なーんも気づいてなかったんです。

わたしがなにも言わないから。

ひとりで勝手に悩んで、抱え込んで、つぶれてただけなんですよ。

「言ってくれないと、分からない」ってのが男性のよくあるパターンです(笑)

 

でね、どうやって頼っているかと言うと・・・

 

「○○ちゃん(娘)は、お父さんが大好きみたい。今度のお休みの日、一緒に遊んでもらえるときっと嬉しいと思うよー」

「というのも、●●くん(夫)がいないときにね、『おとうしゃんがいいーー!!』ってよく泣いてるんだ。泣くほど好きみたい」

「わたし、一生懸命やってるからさ、ちょっぴりショックなんだけど、

お父さんが好きってステキだよね!安心もしてるんだ!」

そうすると、早めに仕事を終えて帰ってきてから遊んでくれたり

休みの日は公園に行ってたりします。

 

 

これら、最初から言えたわけじゃなかったんです。

「おとうしゃんがいいーー!!」コールが続くと正直グッタリしちゃうよね。

そこで、

自分の気持ちをしっかり確認

どうしたいか?を明確にし

行動にうつす

 

って感じで、どう頼るか?とその伝え方を考えています。

 

ん?ややこしそう?

 

自分の気持ちをしっかり確認することは

慣れないうちは時間がかかるかもしれません。

 

頼るとか、ドキドキしちゃうかもね。

悪いなーって思うこともあるかも。

 

でも、このままひとりで抱えて

余裕なくして、子育てにグッタリし続けるよりも

夫婦で協力し合える関係を築いていけたほうが

きっと、子どもにもいい影響だと思いませんか?

 

個別でも、ご相談お受けしていますので

お気軽にお問い合わせくださいね!

友だち追加

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です