とにかく、書き出す

つかちょんこと、岩宮つかさです。

 

親のせいでわたしの人生めちゃくちゃだ。

わたしの時間を返して。

もう、わたしなんてどうでもいい。

そんな、ネガティブ独裁国家が頭の中を占拠していたこともありましたが

それをどう乗り切っていったかをご紹介しています。

 

突然ですが、

最近、紙にペンでなにか書きましたか?

 

ネットがかなり普及して、メールやラインでの連絡がメジャーになってることもあり

書くよりも、タップする(打ち込む)ことのほうが、圧倒的に多いかもしれませんね。

 

かく言う自分も、

ドン底にいた時期に、「書く」という行為はしていなかった。

なんせ、動くのも億劫だったこともあったから。

 

いざ、何か書こうとしても

なにを書いていいのやら?分からなかったものでした。

 

挫折しないように、できることからコツコツとやってみようと思いたち

1日1行でもいいから、何か書いてみようと決めました。

テーマがあったほうが取り組みやすかったので

 

[今日、食べたメニュー]をテーマにして書く練習から始めました。

 

朝→ごはん、納豆。昼→ごはん、納豆。夜→ごはん、味噌汁、焼き魚。

みたいな。(笑)

それを、1週間やってみよう!と始めてみました。

というか、それくらいカンタンにしないと

続けていけそうもないなーって思っていたんです。

なんか、レコーディングダイエットみたいだよね。

当時、ダイエットには全く興味なかったから知らなかったんだけど、後々知ってビックリしました(笑)

 

で、続けられたら次のステップ。

メニューに簡単な感想を加える。

 

という感じで、徐々に書く量を増やしていってました。

 

そしたら、自然と

自分の思っていることなど頭の中にあった言葉たちが書けるようになっていきました。

過去のことを振り返ったり、そのときの思いをただ書き殴ったりすることもありました。

ときどき、やたら過去を遡ってそのときの感情を思い出すことはダメだ

みたいな意見もあります。

たしかに、それも一理ある。ショック療法みたいな感じで逆効果になるとか。

でもね、それも使い分けだと思ってて。

出せなかった思いを、溜め込んで苦しかったあの頃の気持ちを

出したい!って思ったなら出してもいいと思う。

出して、出しまくればスッキリすることもあるから。

んで、出した言葉たちを丸めてゴミ箱にでも捨てちゃえばいい(^^)!

ビリビリに破いたり、燃やしてみたりね。

誰かを殴ったり、自分自身を傷つけるよりは

ナンボかいいんじゃないかなーとね。

気づいていなかった本音と出会えることもあるから。

 

例えばね、

もう!なんでわたしだけ置いて

弟と海に行って遊んでたの!?

あとから知ってすごく悲しくて、他にもわたしがいないところでいろんなことしてるんだろうな〜って思っちゃった。

仲間外れにされたみたいで、寂しかったよ。

って感情が出てきたとする。(これ、わたしの実話です)

そしたらさ、

よし、いつか子どもが産まれたら

夫婦で協力し合いながら子どもの寂しさをできるだけカバーしていけるようにしよう!

 

って、自然と思える自分に出会えることもあるんです。

完ぺきな親なんていないからこそ、夫婦でカバーしていけるような子育てがしたいな〜って思えた。

 

もちろん、無理に過去の感情まで思い出す必要はなく、深掘りしたくないところはそのままでもいい。

 

ひとつだけ言えることは

自分と向き合うことは、自分への1番の労り。

それが、紙とペンでもできるよ!ってこと。

 

もし、悩んでいるあなたのチカラになれることがあれば

お気軽にお問い合わせくださいね。

こちらのライン@からどうぞ!

友だち追加

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です