子どものトイレの話。

つかちょんこと、岩宮つかさです。

 

子育て支援センターなど、

未就学児とその保護者が集まる空間で

一番聞かれることがある。

 

それは

「どうやって、おむつを外したの?」

 

現在3歳の娘がおむつとれそうってなったのが

1歳10ヶ月頃。

実際に完全にとれたのは2歳10ヶ月頃なんだけどね。

2歳になる頃にはすでに

トイレに誘うと排泄できることが多かったため、紙おむつよりも布のパンツを着用していました。

↑本人の希望もあり。

 

親心としては、はやくオムツが外れて

トイレに行けるようになってほしい。

幼稚園に入る前までには・・・とかって

焦る気持ちが出てくる人もいる。

同年代のほかの子どもさんがトイレに行ってる姿を見ると

余計に焦ってしまいますよね。

 

実際、質問してこられるお母さんたちは、

「焦ったらいけないって分かってるんだけど・・・」

「つい、早く自分で行けるようになってよ!って思っちゃって・・・」

っておっしゃってました。

わたしが、我が子の排泄に関心を持ったのが

産まれて2ヶ月くらいの頃だったかな。

オムツを替えようと脱がせたら

そのタイミングでおしっこすることが多いなぁって思ったのがきっかけ。

で、興味本位でトイレに連れていって

「おしっこしてごらーん!シーシーだよー!」

なんて声かけてね、実際にしたときには

「そうそう!それがシーシーだよー!」

って伝えるようにしていました。

これ、「おむつなし育児」とも言われていますよね。

 

外出先でも、余裕があるときには実践。

夫婦で、「そろそろトイレじゃない?」って声かけあってたこともあります。

 

だけど、それを

もうすぐ3歳になるお子さんがおられるお母さんに話してしまうと

「もう手遅れか・・・」って逆に不安になっちゃうんじゃないかと思ってて

我が家ではどうしたか、ということで話すにとどめています。

 

今、どんな感じでトイレしてるか?など、

実際の様子を聞かせてもらい、

そのうえで、お伝えしていることは大きく2つ。

①排泄とはどういうものかを体験させる

→具体的には、おしっこが出た瞬間に出くわしたときには

「これが、おしっこだよ。おしっこが出たらこんな感じだよ」と声をかける。

 

②おもらしをしてしまっても、大声を出さないようにする

→きゃー!漏らしたの?なんで出る前に言わないの!?(怒)って言うと、子どもとしては

おしっこ=怒られる

って思ってしまうことがあるので、ますますギリギリまで我慢して漏らしてしまうという繰り返しになってしまうことがあります。

「おしっこが出ちゃったね」と声をかけて、淡々と拭いてしまうのが一番いいかなと思ってます。

とはいえ、そんな冷静ではいられないよー!つい怒っちゃうよー!ってのも分かります。

オムツがもうすぐ外れそう!って時期に、わたしもよく怒ってしまっていました。

怒っても、濡れた床は拭かないといけないことに変わりないんですよね。

すぐに着替えさせてから、一緒に床拭きをすることもありました(o^^o)

トイレトレーニング!!と力んでいた時期は正直ありませんでした。

ゆっくり、のんびり、排泄と付き合おうって思っていたので。

 

というのも、わたし自身が

過去に排泄に関して悲しい思いをしたことがあったから。

詳しくは書きませんが、

排泄を我慢しすぎて身体を壊してしまったこともあります。

 

自然な子育てをしよう!!

おむつなし育児、サイコー!!

みたいな感じではなく、排泄も子どもとのコミュニケーションのひとつだと捉えています。

 

正しい子育てってのはないと思う。

こうすれば正解ってのがあれば、世の中にこんなに子育て情報が溢れてないだろうから。

 

ときには、怒るし怒鳴ってしまうことだってある。

感情的になって、あとで自己嫌悪・・・もある。

アカンかったなーってことは、自分を責めるだけじゃなくて

次に活かしていけるようになりたいですよね。

それが、成長だと思う。

 

一緒に、成長していきましょう!

個別にご相談もお受けしています(o^^o)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です