おとうさんへ(手紙)

この記事は2分で読めます

あの日、

花嫁からの手紙なんて書きたくなかった。

書くことなんてない、

「育ててくれてありがとう」

なんて思えないから

人様の前で言おうとまず思ってなかった。

 

結婚したときは、おとうさんから早く逃げたかった

これでもう終わるって、ホッとした。

 

わたし、傷ついたんだよ

 

ずっと大好きだったおとうさんが

「お金がないから大学辞退して」だなんて

情けないと思った

 

わたしの貯金、全部使ったと知ったとき

すっごく怒ったけど

大好きなおとうさんがそんなことするなんて

悲しかったんよ

どうしてこうなったの?私、なんかした?って。

 

だって、私はず~~~~~っと

おとうさんが大好きだったもん。

 

すぐにウソつくし、都合いいようなこと言うし

ワガママでお金にルーズで。

 

だけど、私のこと思っててくれて。

仕事のトラックで東京行くの楽しかった。

3日間、おとうさん独り占めって思ってウキウキ・ワクワクしてたんよ。

 

いつもは家にいないけど

カレンダー見て、あと○日で帰ってくる~って楽しみにしてた。

おとうさんがいたら、おうちの雰囲気が全然違ってたんよ。

 

本当は言いたかった。

痛いことされてる、無視されてる、悲しい。

そばにずっといてほしい。

 

でも、負担になるって思って言えなかった。

 

施設に入ったこと、それについては

良いも悪いも思ってない

 

たくさんの経験をさせてくれてありがとう

ずっとおとうさんのこと想ってたよ。

お母さんから引き取りたいって言われても

わたしはおとうさんと一緒がよかった

つらくても、苦しくても、おとうさんと過ごしたかった

おとうさんが笑ってくれるなら、喜んでくれるなら

そう思ってたの。

 

「おとうさん、大好き」って確かに言ってたよ。

いつから言えなくなった?

コントロールされたくないって思った?

もうかまわんで、放っておいてって。

 

自分で歩きたいと思うのに

おとうさん助けてって言いたかった。

つらいよ、苦しいよ、休みたいよって、言いたかった。

 

つかさは一人でも大丈夫

よく出来た子だって言われるたび

 

喜ぶフリしてさみしかった。

もう見捨てられるのかなって。

 

いい子でいたらいいと思ってた。

いい子に見せるためにウソついたこともあった。

バレたら余計怒られるって分かってても。

 

ねえ、おとうさん

本当はだいすきなんよ、今も。

 

 

たくさんの気づきをくれて本当にありがとう。

 

おとうさんの不幸をねがっててごめんね。

しあわせであってほしいと思っています。

 

 

つかちゃんより

 

 

 

 

 

  • 2017 09.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事