嫌われたくない、嫌われるのが怖い、だから素直になれない。

この記事は2分で読めます

ふと、思い出しちゃった。

 

以前、下書きにしてた長文あったんだけど、今の言葉で書き直し~♪

 

大好きで大好きでたまらない人がいました。

 

一目惚れしたんです。

 

好きって、ただそう想ってるだけで、

 

ご飯がのど通らなくなるくらい、おなかいっぱい胸いっぱい。

 

 

 

大好きなひとには、嫌われたくないのよね。

 

嫌われたくない、可愛いって思われたい、一緒にいて楽しいって思っていてほしい。

 

 

で、わたしはどうしたか。

 

「何が食べたい?」に対して

 

頭の中では、「とんこつラーメン」が浮かんでるくせに

 

「うーん、○○さんは何がいいですか?わたしはなんでもいいです

 

 

「どこ行きたい?」に対して

 

「カラオケ行きたい」って浮かんでるくせに

 

「○○さんはどこがいいですか?わたしはどこでもいいです

 

 

 

相手の意見を聞いてそれに合わせて

「いい子」・「相手のこと考えてる」って

思ってもらえると思っていた(まどろっこしい!!)

 

要するに、

自分の思っていること、願望を言葉にしていなかった!!!

とんこつラーメンが食べたいって素直に伝えたほうが
分かりやすくていいよ!!と、昔のわたしに言ってやりたい(笑)
その後、その彼に徐々に
「寿司食べたい、ラーメン食べたい、寝たい」って素直に伝えられるようになった。
うれしそうに、願いを叶えてくれました。
だが、しかし!!!
叶えてくれているのに、なぜか受け取り拒否してたんですねー。
「え??ホントにいいの?申し訳ないです」ってな具合に。
受け取ると、嫌われるってさらに思う。。。。
嫌われたくない、嫌われたくない、嫌われたくない・・・!!!
ずーーっとつきまとわれてた。
嫌われたくないって感情にね。
常に顔色をうかがうような感じ。
素直になっていっていいんだよ。
嫌われたくないって思ってていいんだよ。
だけど、それが苦しいんだったら、一緒に抜け出してみようか。
  • 2017 09.18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事