憧れのあの人になりたかった。

この記事は1分で読めます


憧れの人がいて

あんな人になりたいな
そのためには、これができるようになって
こんな勉強して、こんな資格とって

次々と何かを足していき、あの人のようになろうと頑張る。
でね、
ひとつずつ、資格や勉強を積み重ねて
やり方とかもマネして
とにかく、頑張る。
クリアしていくたびに
よっしゃ!あと少し!!
そして、すべてクリアしたと思ったけど
憧れのあの人はもっとすごくて
とうてい敵わない。
うわー、やっぱり、わたしダメなんだな
↑これ、以前のわたしです。
意外だと言われますが
アロマ、販売士、接遇の勉強ちょろっと、
簿記、ファイナンシャルプランナー、保険の勉強
マッサージの勉強もちょろっと
などなど、してきました。
職歴も、しっちゃかめっちゃか(笑)
どんな勉強も、どんな仕事も
常に全力投球で、プロなんだ!!の意識が強く
負けたくない、はやく一人前になりたい!
その一心でした。
捨てられないものの多くは
資格の本や、
仕事してたときに自分で作った資料
これらは、自分が頑張ってきた証だった。
その、頑張ってきた証は捨てるのが怖かった。
けど、いま振り返って思う。
憧れのあの人になりたくて
いろいろやってきたことは、それはそれで財産。
でも、とうてい
あの人にはなれなくて
自分は、自分でしかないのよね。
自分で自分を認める。
まだまだダメだと思うよりも
できてる部分もしっかり見よう!

 

  • 2017 10.10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事