決意。リアクション・モードで生きる。

この記事は2分で読めます


やりたいことをやる。

 

シンプルだよね。そう生きていけたらいいなって思ってた。

 

けどね、勘違いしてた。

 

やりたいことをやる=やりたくないことはしない

 

だと、思ってました。

で、

「やりたくないことはしない」

ってことを重視していました。

 

「やりたいことをやる」

こっちだけ見てたら良かったかもしれない(笑)

 

わたしのお片付けもそう、やりたいからやってた。

だから、今でも楽しくやってる。

 

 

逆に、「やりたくないことはしない」ってモードが強くなると

やりたくないことがどんどんやってきて

「これがやりたいのに!時間がない!」なーんて、焦る。

 

ホントはずっと叫んでた。

「リアクション・モードで生きたい」

※リアクション・モードは、簡単に言うと、

流れに任せてやりたいことをやってく感じなのかな?

目が覚めて、なにかやりたくなるのを待って、やりたいなと思ったことを

やりたいときにやる、みたいな感じ?

その生き方をしたことがないので、うまく説明できません(笑)

 

やりたくないこともある。

見たくないことも目の前で起こるかもしれない。

気付かぬフリをしていた自分の本音とぶち当たるかもしれない。

 

でも、そこから、すぐには逃げない。

向き合う。

向き合って、「逃げる」を選ぶこともあるし

「何もしない」を選ぶこともある。

新しいアイデアが浮かぶこともあるかもね。

 

逃げたくなるときって、だいたい「不快」なときだからね。

そこにこそ、

大切なことが隠れていたりするもんだろうなって。

 

 

ずーーーっと、ずーーーと

周りの和(輪)を乱さぬよう、ガマンするとか耐えるとか

そんなん続けてたのを

 

ひとつずつ、解除していったの。

「もう、これ以上はガマンするのを辞めよう。

で、自分はどうしたい?」

そうやって、自分と向き合い、納得して答えを出す。

 

あのとき、こう選択したから曲げるわけにはいかない。でも・・・

そう思ってきたときは

「でも・・・」の続きに出てくる言葉に耳を傾ける。

 

 

「ワガママ」だと思われるかもしれない

「頭がおかしくなったのか?」って言われるかもしれない

 

 

けど、「リアクション・モードで生きる」って

見返りとか期待とか、ないんだよね。

ただ、自分が楽しいとかうれしいとか思いながら過ごせそうだから。

 

さっき、急にシャワー浴びたくなってさ、

なんか変な時間にシャワー浴びたくなったな、まぁいっか♪

って浴びてるときに

 

「これが、リアクション・モード!?」ってテンションあがって

「髪乾かしたら、ブログに書きたい!!!」

と、今に至ります(笑)

 

こうやって文章におこしていますとね

 

「これから、こうやって生きていく、いわば実験をするわけだから

そこでの気づきもこれから書いていこう」

 

てな感じになってます。

 

 

想いを文章にすることが好きだから。

 

惜しまずシェアしていきます。

 

変化し続ける。
アップデートしていきながら
「今」の幸せを感じています。

 

  • 2017 10.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事