想い(ことば)

誰かのために生きると。

投稿日:2018-07-15 更新日:

わたしはずっと、誰かのために生きていました。

それが「よし」とされてると思ってたから。
親のため
友達とうまくやっていくため
彼氏に嫌われないように
好きな人に振り向いてもらうため
会社の上司のため
旦那さんのため
子どものため
ひとつひとつのエピソードを挙げたらキリがないくらい。
そして、思い出してて恥ずかしくなってる。
誰かのために生きてるほうが、ラクでした。
言われた通りにすればいい。
相手のことを思っていれば間違いない。
いい人だと思われるだろう。
もうね、人からの評価が一番大切で
自分の価値を人に委ねていました。
完全に、ハンドルを渡してた。
相手の気分、状況に振り回されっぱなし。
で、どうなるか。
・・・自分が疲れる。
暗闇を彷徨ってた期間は特に
「あの人のせいで」「環境のせいで」が強すぎたんだよね。
ハンドルを取り戻す作業を少しずつしていたんだよねー。
で、この「ハンドルを取り戻す作業」って
わたしにとってはお片づけがその手段のひとつだったんじゃないかと思ってます。
書きたいことが溢れてくるね〜。追いつかないぞっ。

-想い(ことば)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

大好きであふれる世界へ

つかちょんこと、岩宮つかさです。 片づけオタクでもあります。 お片づけのノウハウは、いろいろある。 どんなやり方でもいい。 自分に合ったやり方で、コツコツ習慣にしていくこと。 それが、一番大切です。 …

no image

娘はわたしの憧れ。感情をだすこと

つかちょんこと、岩宮つかさです。 約1年前に書いたブログ、そのまま載せてみます。 〜〜〜ここから〜〜〜 わたし、2歳の娘のこと、すごく憧れているんです。   なぜならば   子ども …

no image

自分と向き合うってなんだろう

つかちょんこと、岩宮つかさです。 「自分と向き合うってなに??」 そう、聞かれることがあります。 なんでしょうね〜? なんだと思う〜?? かく言うわたしも、うまく言葉にできない。 ただ、ひとつだけ言え …

no image

娘のおままごとから見える世界

ウチの娘は偏食が激しく、好きなものだけを選んで食べます。 家庭内では、それでよしにしています(笑) そんな娘ですが、おままごとが大好き。 レゴブロック使って、「ごちそう」を作る。 色とりどり。 「おや …

no image

あなたらしく。

つかちょんこと、岩宮つかさです。 正しさなんて、いらない。 勝ち負けなんて、どうでもいい。 それって、何と比べてるの? 誰と、比べてるの? 比べることで、原動力となるなら それもひとつの作戦だけれども …