ミニマリストを手放すことにする。

この記事は1分で読めます

ミニマリストって、ご存知ですか?

ざっくり言うと、最低限のモノだけで暮らす人。
わたしは、ミニマリストだと名乗っていました。
ミニマリストのイメージって、
なーんにもない部屋、少ないモノで暮らしてる、モノは買わない、むしろどんどん捨ててる
そんな感じかなあ?
初めて、ミニマリストを知ったときは
本当に衝撃を受けました。
断捨離よりもスゲー!!びっくりって。
当時、「ときめきお片づけ」や「断捨離」をやってみてもなんだかしっくりこなかったから。
ミニマリストの世界にのめり込んだのが
確か2年前くらい。
ひたすら、最低限のモノまで減らすことに一生懸命になってた
子持ちワーキングママのミニマリストさんがいたら、ブログや書籍を読んで参考にしてた。
もともと、片付けをすればなんとかなると思ってたところから
いつのまにか、「減らすこと」に集中するようになってたんだよね・・・ニヤリ
もちろんね、モノという物質を減らしていくことで得たものは多いです。
手放してホントに良かった!!
そう思うことも、1度や2度どころではないくらいたくさんありました。
けど、ミニマリストを極めようとすればするほど
苦しくなることもあったのです。
「わたしはこれを買ってもどうせ捨てるかも」
「捨てるくらいなら、モノ選びを失敗したくない」
だんだんと、モノに対して臆病な気持ちが芽生えるように。
ミニマリストは憧れです。
けど、無理してなろうとは、もうしなくていいニコニコ
お片づけが心から大好きだからラブ
お片づけで得られることは、単なる片付いた空間だけじゃないからラブ
もっともっと、深いところに繋がってるから。
その「深いところ」を、今も毎日のように実感してる。ますますお片づけが愛おしくなるラブ
ただの、「お片づけ変態」ですラブ
てなわけで、「ミニマリスト引退宣言」をさせていただきました。
ミニマリストを目的とした生き方からは脱却いたしますおねがい!!
 
 
  • 2017 12.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事