嘘をつくのは、構ってのサインですか?

この記事は1分で読めます

岩宮つかさです。

 

記憶があるのは、小学生以降なんだけどね

 

小学2年くらいのときに

 

人生やめたくなってたの。

 

「生きたくても生きられない人がいるからどーのこーの」

ってのはとりあえず置いててね。

 

詳しいことはもう忘れてるんだけど

高所恐怖症なわたしが

 

ここから落ちればラクになるかな

 

なーんて考えてた。

 

 

学校がわたしにとって唯一の逃げ場だった。

 

友達らしい友達はいなかったけれど

危害を加えてくる人もいなかったから。

 

怒られたくなくて、嘘ついて

嘘がバレたらさらに怒られる。

 

そんなことが多かった時期でもある。

 

よく、

「嘘をつく、問題行動をするのは

構って!のサインである」

 

とか言われるんだけど、どうなんだろうね?

 

わたしは未だにしっくりきていません。

 

構わないでって思ってたからね。

怒らないで、優しくもしないで、

なにもないことが一番嬉しいから。

 

なーんて思ってたよ。

 

ついてた嘘って、たぶんしょうもないことなんだろうけれど

何を言っても怒られるのならば

 

先延ばしにしたかったんだよね、怒られることを。

 

(※ちなみに、この時期はすでに実の母とは暮らしていません。)

 

お試しご相談会受け付けています。

詳しくはこちら

 

  • 2018 05.13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事