ポッドキャスト 生い立ちなど

小3までの僅かな記憶

投稿日:2018-05-19 更新日:

 

つかちょんです。

上↑にある音声と、記事の最後にある音声は同じです。

先に聴いてもいいし、読んでから聴くってのもできるように

あえてそうしています^^

 

今回は、生い立ちの音声。

幼少期の頃についてです。

もう、ほとんど忘れてしまいました。

というよりも、振り返るタイミングによって、過去は変わってしまうんです。

 

今回話した時期(小3くらいまで)のことを

5年前なら違う話をしていただろうし、5年後はまた違うことを話すと思う。

忘れている+とらえ方が変わっていくから^^

 

でね、忘れてしまっているなら無理して思い出さなくていいし

思い出したなら、静かに受け止めていけるといいよね。

 

「こんなことがありました」

「こんなイヤな思いをしました」

「そして、こんなことをした親が許せません」

 

そう、思っているのに

 

「でも、親が許せないなんて子どもとしてあるまじき・・・」

と抑え込んでいて、苦しいのであれば

自分で受け止めていくことがつらかったら

一緒に受け止めていくから、安心してね。

 

小3までの日々、イヤなことのほうが多くて

何度も人生やめたくなったけれど

生きることを選んでよかったです。

屈辱的な思いをしたし、尊厳を傷つけられたように感じたけれど

その分、ひとに優しい気持ちを向けていけるようになったと

自分では思っています。

 

あなたが1人で抱えているのであれば

それが生きづらさになっているのならば

じっくりお話しを聴かせてね。

 

個人相談はこちら

 

友だち追加

-ポッドキャスト, 生い立ちなど

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【つかねーに憧れて〜妹の変化④】異変

妹、中学生になりました。 初めは、なかなか学校に馴染めず、休みがちだった。 新しい環境に不安になったり 毎日、なんだかつまらなくて 引きこもりがちになっていた。 そこに、異変が起こります。 妹にとって …

no image

【つかねーに憧れて〜妹の変化①】昔の自分と重なる・・・

わたしには、15歳くらい歳の離れた妹がいます。 少しだけ、時系列がずれてしまいますが ここからは、妹のお話をシリーズで書いていきます。     妹は、わたしが施設を退園して親元に戻 …

高校時代の事件②(①のつづき)

http://iwamiya-salon.com/wp/wp-content/uploads/180517-05-02.mp3   つかちょんです。   親から、過去に言われた言葉 …

no image

施設にいたことは可哀想じゃない①

わたしは、小4から中3まで児童養護施設(以後、施設と記載します)にいました。 (※児童養護施設とは、様々な事情で親と離れて暮らすところです。)   ある施設では、剣道することが義務化してまし …

no image

昔のわたし、ありがとう。

わたしは強くない。 ホントは不安で不安でたまらなかった。 行動することで、その不安を打ち消していた。 わたしは、弱かった。 だけど、いま、幸せ。 書けたから、もっと、幸せ。